玄米大好き、マクロビオティック大好きなカリフォルニアに住む倭人です。あっ、日本酒も好き☆


by thetamia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プラクティスグループ

DNA Basicが終わってから月に2度あるKarenのプラクティスグループに参加してみた。
プラクティスが一番大事よ!!って何度も言われているし、どんなものか体験もしたいし。
月曜日の夜7時半から2時間半。
今回は15人ぐらい集まった。
まずは円陣を組んで今日のテーマをKarenが決め(たぶんこれもクリエーターから受け取ってきているのだろうと思う) 彼女を中心にしてどんどん展開されていく。
彼女が次から次へと思い込みの感情などを言っていき、それに対して私たちはOリングテストをする。 一つ一つクリアになるまでダウンロードしていく。

他のみんなからもどんどん言葉がでる。
「私は恐れがある」 → みんな 「私も私も あるある」 → 「なくしたいよね?」 → 「いぇ~~す」  で、ダウンロードって感じ。

もうどんどんどんどん。 ペース速い!  私遅い! 聞くのだけで必死。
みんなの熱意がすごい!
当たり前だけどみんな真剣。
プラクティスグループに参加するのがどれだけ効果があるのががわかった。

終わってから知ったのだが プラクティスに参加している人たちは シータを実際に教えている人、シータヒーリングでクライアントをとっている人などシータを何年も勉強しているような人たちがたくさん来ていたのだった。 すごいはずだ。
どんなにシータを長い間勉強している人たちでもどんどん思い込みや取りたい感情が出てくる。それをみんなとシェアしてお互いに助け合っていく。 すごいと思った。
ちょっとぐらいクラスを受けたからって終わりじゃない。 スタートなんだな。
シータは奥が深い。 本当に深い。 だからこそ面白いし、人間ってもともと奥深いものなんだよね。そしてそこに向かっていくことが私たちの生まれてきた一つの理由なのだから。

ところで このプラクティスの後半でペアになってお互いにヒーリングを練習するのだが、私のなかにその時出てきたのが 「Guilty」だった。 特に両親に対するGuilty。 
これはあるよなあ~~ってわかっていたけど無視していた課題だったかも。 このときは終わりのころに判明して時間がなくなってしまったのでじっくり取り組めなかったのだが これは後ほど別のクラスでやることになる。

さてさて 次はAdvanceのクラスだ。 このときはまだKarenのAdvanceを9月ごろに受けるだろうなあと思っていた。
[PR]
# by thetamia | 2007-09-07 08:06 | 日記

DNA Basic

とうとう6月22日、Basic DNAが始まる。
私はもう何日も前から緊張しまくり。 勢いで申し込んじゃったはいいけど ちゃんとついていけるのだろうか?  英語で。。。。。
いったい何人参加するんだろう。 私の拙い英語で一緒に受けてる人たちに迷惑がかからないか? ペアになるときに「あなたとはいやだ」って言われないか?
もうどんどん不安が広がり 頭の中はその不安だけで一杯だった。
金曜日の夕方ということで早目に出発したので私が一番乗り。 しょんぼりとおどおどしながら待っている私はかなり深刻な顔をしていたと思う。(笑)

Karenとは一度彼女のセッションを受けているので会うのは2度目。
彼女のセッションはやんわりとしていて安心して受けられた。

結局今回のメンバーは6人。 やっぱりだけど日本人私だけ。 ほんと、こんなことなら英語をもっと勉強しておくんだったと後悔先に立たずだった。 しかしよくこれだけダメダメエナジーが出てくるものだと関心するくらい。 これもダウンロードしてもらえば無くなるのだろうか?

結局2.5日間はあっという間に過ぎてしまった。 Karenのサポートとして3人のシータエキスパートが参加してどんどんスケジュールをこなしていく。
実際2.5日間では足りないくらいだった。  私の英語力でもなんとかできたが やはり100%とは言えないな。 もっとじっくり復習しなくては。。。だ。
英語で(しかも早い)どんどん進んで行くのでメモを書くのに必死、使ったことのない脳を使ったような感じでヘロヘロの2.5日間だった。 だたとても心地よい感じだった。

英語での不安はあったがアメリカ人に混じって受けたのがとてもよかったと今となっては思う。
彼らの誰でも受け入れるという感覚はすばらしいし やはり子供の頃から神様が身近にいて育っている人たちは シータヒーリングをとても自然に受け入れていくのがよくわかった。
特に私は神様という言葉にとても反応している時期があったくらいかけ離れていた人間(だと思ってた)なのでとても新鮮だった。
結局英語にたいしても不安で心配していたのも私だけ。 みんな 「どうして? Miaの英語は全然OKだよ!いったいナニを言ってるの?」ぐらいだった。

あっ それから一つ気づいたことは 私は良い生徒になろうとする傾向があるということ。
良い生徒というか問題のない生徒。 なんでもすんなり進める生徒。 だからちょっとぐらい??があっても質問とかしたりしない。 
これは途中でやめるように努力した。 私は何しに来たのか? 何を学びたいのか?
せっかくみんなとここにいる2.5日間を自分のために100%使おうと思った。


とにかくみんなシータを学ぼうとする情熱がある。 その情熱で来ている人たちは誰でも受け入れる。 そんなエネルギーだ。

Karenが言うには 上(クリエーター)と繋がって得る答えは時に英語で時になんだかわからない言葉もあるらしい。 だから日本語だとか英語だとかにこだわっていないようなのだ。

これでシータDNAの基本は学んだ。 7th Planeへの繋がり方、ヒーリングの仕方、思い込みがどこから来ていてその取り方、などなど
でもこれからが始まり。 1にプラクティス、2にプラクティスらしい。
とにかくプラクティスが最もシータテクニックをマスターするためには大切だということだった。
[PR]
# by thetamia | 2007-09-05 15:53 | 日記

シータとの出会い

シータヒーリングというものを最初に知ったのは今年の2月。 親友Yさんにシータヒーリングというものを受けているんだけど今度練習させてと言われたのが始まり。
シータ? なに? なに?  
でもヒーリングという言葉にいまや抵抗がある私はふつうだったら逃げていたかもしれない。 でもYさんなら大丈夫、彼女はヨガのインストラクターをしながら 2人のハンサムボーイ(←あっこれは関係ないか 笑)の良き母であり、超にエクストリームリ~~~~~が100乗付くぐらいの忙しいご主人を支えるパートナーでもある地に足のついた人。
私の勝手な自論で一般にヒーラーとか呼ばれている人でも私生活が充実している人しか信用しないっていうのがある。 もちろん他の人の生活の細かいところまでわかるはずは無いけど 自分の生活が幸せな人って言うのはその人の表情とか出来事に現れてくるので ある程度感じることはできると思う。

とにかく Yさんからシータヒーリングについていろいろ話を聞かせてもらったが 脳をシータ/デルタ波にした状態で神(クリエーター、宇宙の根源)と繫がり 人間の潜在意識、DNAに働きかけ肉体的、精神的な病気の治癒、自分をストップさせているネガティブな思い込みなどをどんどん取り去り、人生を豊かにしていくという技法。

実はちょうどその頃、私は自分自身に行き詰っていた。 毎日の生活は楽しいし、幸せだし、仕事もまあまあ順調。でも何か?????が足りない?
もう一つ越えれないもの  なんだ? 自分が生まれてきた本当の理由はなんだ?
また再び「神との会話」を読み出した。 真実は一つ。 でもそれをどうやって掴むのか?
自分の人生は自分がクリエイトしている。 どんな出来事も自分が選んでいる。書いてあることはわかる、でも実践でどうやってやったらいいのか?
潜在意識にプログラムされてしまっていることはどうやって取り去るの? 
今までにも同じように行き詰ったことはあったけど 今回はなんとなく今までとは違った。
今度こそ無視できない何かを感じながら 悶々と考えてたころだった。

シータは今までのヒーリングと違い 長い間苦しんだり、自分をいじめる必要は無い。
Digする(掘り下げる)必要はあるけど今までのような 苦しまなければ学べない、苦しんだ分だけ幸せになせるというようなことはなく、 肉体的な問題も精神的な問題も一瞬にして解決できる技法。 しかも真のヒーラーはクリエーター(神) 私たちはWitnessである。
そしてYさんから具体的なやり方を聞いたときに私は「これだ!」って感が働いた。 絶対にこれだって。理由はなく、フィーリングだった。 今までとは全然ちがう 本物を感じた。
私も勉強したい。 セミナーを受けたい。

即効セミナーに申し込んだ。 Basic DNA Class (2.5日間)  $395
とても良心的な値段だと思った。
私が受けたインストラクターは Karen Abrams

セミナーまでの2ヶ月間 Yさんは自分が勉強したことをいろいろと教えてくれた。 私が今すぐにできることをいろいろアドバイスをしてくれた。 本当にありがたかった。

6月22日、いよいよセミナーが始まる。 緊張しまくりの私だった。
[PR]
# by thetamia | 2007-09-05 03:05 | 日記

始めに

2007年の春、シータヒーリング(ThetaHealing)に出会った。
これだ!と感じた。 すごいと感じた。  この日記ではシータのプラクティショナーになったばかりの私が日々シータを勉強し、使いながら感じたことをできるだけ書きとめていきたいと思う。
もちろんプライベートな部分がかなりあるので自分のことを含めてすべてをオープンにはできない部分もあるけれど 正直に書いていこうと思う。

シータヒーリングとはアメリカ人女性のVianna Stibalという人が自分の末期の癌をはじめ、たくさんの人たちのヒーリングを通して開発し広めていった技法だ。
脳をシータ/デルタ波にする。 Oリングテストを使う。 潜在意識、DNAに働きかける。
そして 神(クリエーター、宇宙の根源など)と繫がり 真のヒーラーは神であり 私たちはWitness(それを責任をもって見届ける者)であるということ。

これを聞いたときなんだかすごいものに出会ったぞと とてもわくわくした。

参考
Nature's Path

私の親友Yちゃんのブログ
[PR]
# by thetamia | 2007-09-05 02:42 | 日記