玄米大好き、マクロビオティック大好きなカリフォルニアに住む倭人です。あっ、日本酒も好き☆


by thetamia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:日記( 76 )

エコエコ

いまさらこのブログで言う必要もないけど 世の中はエコブーム。
あっ、でもこのブームという言葉を付けるのは???なので エコロジー移行意識???かな?

自分はというとエコロジーには興味はあっても 実際の生活はエコから程遠い。。。。。スンマセン

告白
シャワーはずっと出しっぱなし、食器を洗うときも水はジャージャーでてる。 冬の寒い歯磨きはお湯が出るまで蛇口はひねっておく。ペーパータオルは控えながらもでもたくさん使う。
買った食料品(野菜、瓶詰めの物、冷凍物など)は最近は減ったとはいえ 無駄にすることあり。
川に流しても安全って言われている洗剤を使ってはいるけど アワアワで使いすぎかも。。。
買ったのにあまり気に入らなくて着ない服(← なら買うなよ~~)
などなど きりがない。

近頃思うのだけど、ここ20年くらいの世の中の変化ってすごいなあって。
インターネット、携帯電話、この二つだけでもすごいよね。
私が初めて自分の携帯電話をもったのが、確か結婚してからだから15年くらいまえ? もう、全然覚えていない。。。 どんな携帯買ったのか?とかすっかり忘れてる。 今に比べたら大きかったことだけ覚えてる。
でもうれしかったなあ。 
それからインターネット、旦那さんが結婚してすぐくらいにコンピューターを手に入れ、インターネットを使い始めて、メールアドレスを取得した。 彼曰く、「はやくURLと取っておかなくてはあとで取れなくなる」って。。
私??????
あのころはダウンロードもダイアルアップでじ~~っと辛抱強く待ってたっけ。

「Emailやってみたい!!」っていう友達が遊びに来たときに 「ながれない、ながれない」って騒いでるので何かと思ったら 彼女普通の住所をアドレスに入れてた。。。。。 大笑い。

でも今は携帯電話あたりまえ、インターネットあたりまえ、  インターネットなくして仕事は考えられない。
昔はどうやって仕事してたんだ? くらいの感覚になってしまう。
買い物だってネットで何でも買えちゃうしね。 スカイプでビデオ電話。

エコの話に戻って。
子供の頃は真冬の寒い日でも 朝の歯磨き、顔洗いは水だけだった。 時々母がお湯を沸かして洗面器に入れてくれたけどそんなことはめったになし。
北海道出身の旦那さんも水だったらしい。 彼曰く「だから俺は顔を洗わなくなったんだ」(威張らなくてもいい)

記憶が確かではないけど あの頃は瞬間湯沸かし器だってなかったようなきがする。 湯沸かし器だってずいぶんあとだよね?  あの湯沸かし器は日本の製品の中でも画期的なものだと思う。 あっという間にお湯が出る~~ (それがいまアメリカでもタンクレスヒーターとして売れてるし)
それがいまや、蛇口をひねると水とお湯が出る。 いつでも暖かいシャワー、お風呂に入れる。
なんて幸せなんだろう。

今日、いつものようにジャージャー流しながら食器を洗っていたら、この洗剤が混ざっている水よりも汚い水をこの世界のどこかの子供たちはのんでるのかな?なんてそんなことが頭に浮かびました。
もう少し、気をつけて使おうかな。。。。お水。
考えてみればこの水だっていくらでもあるわけではないんだし。 当たり前のように使っているけど 家のキッチンにくるまでにいろいろな過程を通ってくるわけだし。 資源も使っているのだよね。

この歳になってやっと、(やっとか!)少し(でも少し。。。。です)エコロジー意識が芽生え、実際にできそうなことをやってみようと思えた今日1日でした。
まあ 人間無理にやるとろくなことはないし、第一続かない。 楽しくやれないとやってない人達を責めたりするしね。 今日から始める自分を誉めて、まず、今日の夜から食器は水溜めて洗ってみようっと☆
シャワーも髪の毛洗ってるときはちゃんと止めます。


今日も読んでくれてありがとうございます。
[PR]
by thetamia | 2009-08-27 03:05 | 日記

半日のペット

この時期はトカゲの卵が孵るのでしょうかね?

子供を見つけました。。。。。

家の中で。。。。。。


c0137235_91231.jpg


旦那さんが急に「なにこれ~~~?」って叫ぶので行ってみたら、リビングの床に3センチほどのトカゲの赤ちゃんがジッとしてます。

シッポが切れてる。  シッポが切れてると上手に歩けないらしいです。
バランスがとれないのか、右に左によたよた。
あまりにかわいくて。。。。。

c0137235_9145086.jpg

ペットにしよう! 

そして 旦那さんがおいてあったダンボールを捨てようと動かすと。。。 もう一匹。
ついでに2匹飼っちゃおうかなあ~~

c0137235_9162959.jpg


かわいい~~ シッポがちゃんとあるほうはちゃんとサカサカ歩けます。

でも、一体どこで孵ったのか?!  謎。  家の中ではないことを祈ります。  たぶんガレージの隅っこか
外で孵って、家の中に入って来ちゃったのだろうと。。。思いたい。 (^^)

でも 私はトカゲとか好きなので ちょっとの間だけ近くで見れて幸せでしたん!  夜になってから庭に返しました。  ちゃんと元気で大人になりますように。。。  とりあえず、早くシッポが伸びますように。



今日も読んでくれてありがとうございます。
[PR]
by thetamia | 2009-08-21 09:21 | 日記

のんびり週末

婦人科のチェックで、初めてビタミンDが不足していると指摘された。 ネットで調べてみたら、太陽に当たることが大切だそう。
特に顔、手のひらからの吸収がポイント。 でもシミは嫌だけど~~。
日焼けしない10分ぐらい当たるのはとっても必要だそう。

今週の土日は久しぶりにずっと家にいて、のんびりとすごしました。
人間も光合成かあと思い、お庭でのんびり。

やっと干せた~ 梅干。 楽しみよん。
c0137235_4591182.jpg


プルメリアも満開。 今年も1株なんとか咲いてくれました☆ 2ヶ月は楽しめます。
c0137235_4593458.jpg


バジルもミントも元気元気!
c0137235_50269.jpg

c0137235_502938.jpg


家のアリゾナ地区。 サボテン。
c0137235_505861.jpg

近くで見ると、こんなのいます。
c0137235_512818.jpg


小さなサボテンワールド。 
c0137235_531797.jpg


プクプク君も蕾をつけました☆ もうすぐ黄色いかわいい花が咲きます。
c0137235_515215.jpg


こうしてゆっくりお日様に当たって、植物を触っていると本当に癒されるし、できることに心から感謝です。。。

早く梅干できないかなあ。 うふふ。


オマケ。 先日の夜、帰りそびれちゃったのか 暗い庭でじ~~っとしてた鳥。 
c0137235_605427.jpg


前から見ると面白い。
c0137235_611668.jpg


c0137235_651689.jpg

実は この鳥を見つける直前に、私はこの変な鳥の絵を描いて旦那に見せた後だったので、ちょっと驚きだったのだ。。。。 本当に怒ってやってきたのかと思った。


今日も読んでくれて見てくれてありがとうございました。
[PR]
by thetamia | 2009-08-04 05:01 | 日記

皆既日食 後

私もオフィスに残ってなんとかネットで中継を見れました。

NHK

このサイトがいいです。



感動しました。  ありがとう。


 
[PR]
by thetamia | 2009-07-22 16:07 | 日記

日食中継

お友達のマーサちゃんから皆既日食のライブを観れるサイトをここに載せて!ということで調べてみました。

http://www.live-eclipse.org/

http://www.nhk.or.jp/live0722/
NHKでもやるみたいです。 ここにはウェブでも観れるって書いてあるけど アメリカでもOKなのかなあ?

日食は日本時間の22日午前10時53分前後になっているので こちらの時間では21日の夕方6時53分前後となるかな。
でももっと早めに見始めたほうがいいと思います。

他にもいろいろなサイトがあると思いますが とりあえずこの2つを載せてみました。  私も明日はこのどちらかで見てみます。
日本国内ならNHKがTV中継するはず。

2017年にはオレゴン、アイダホで観れます。 



読んでくれてありがとうございました。
[PR]
by thetamia | 2009-07-21 16:08 | 日記

私の好きな先生

今年も婦人科の年に一度のチェックアップに行ってきました。
アメリカでは婦人科のチェックとマモグラムは積極的にやるようにと言われ、健康保険もカバーしてくれます。(全部じゃないけど)

昔「酒の肴」のブログでも書いたけど、私のドクターは エジプト人の女医さん。 ちょっと変わって(見える)けど と~~~ってもいい先生。
今までで私にとってベストです。

1年振りにあった彼女は、去年より若返って見えました。

白いハイヒールに紺と赤のミニワンピース姿で登場。 (白衣はあまり着ない)
いつもスフィンクスのように広がっていた髪の毛も、今日はストレートアイロンをかけたのか さらさらヘアーに
なっていたので ずいぶん若々しく見えました。
厚さ3ミリ以上はあると思えるアイライナ-(たぶんイレズミ)も健在。

紫、ラベンダーカラーが大好きで、名刺も患者さんのファイルもみんな紫。 診察室も紫のカーテンにゴールドの紐付。 時々着ているのは白衣ならぬ紫衣。(それも紫)

でも とっても丁寧な診察で、詳しく、わかりやすくいろいろと説明してくれます。
(ので、ちょっと待たされてしまうこともありますが)

サウスベイ近辺の人たちで婦人科Dr.を探している人がいたら是非お勧めです。
(なぜか ここで同じ検査とかいろいろしても ほかのDr.よりずっと安いのです。。。。 友達も言っていた)

最後に 「ドイタシマシテ~~~」ってハグしてくれました。 笑
最近日本人の患者さんから いくつかの日本語単語を教えてもらっているらしいです。

いい先生ですよ☆


今日も読んでくれてありがとうございます。
[PR]
by thetamia | 2009-07-16 07:29 | 日記

日食

7月22日の日食がこのサイトでわかりやすくでてます。

道案内

暗くはならないけど 日本中で部分日食が観れます。 日食めがねで観ましょう~
[PR]
by thetamia | 2009-07-10 10:15 | 日記

七夕

今日は7月7日、七夕ですね。 しかも満月。
そして 今月22日には皆既日食がおきます。  まるかん情報によりますと、21世紀中に満月と七夕と皆既日食が重なるのは2009年の7月だけだそうです。

皆既日食というと 2006年の地中海での日食を思い出しますが、今年は上海、屋久島あたりが含まれる帯の内です。 私たちが生きている中では今回が一番長い(太陽が隠れている時間が)日食になります。
確か6分以上。

今年はいろいろな理由で行くことを断念しましたが、世界中からこの日食を観にたくさんの人たちが集まると思います。 小さな島は人でいっぱいになるでしょう。

どうか お天気が良くなりますように☆  (ちなみに 次は来年7月11日@イースター島)


七夕に戻る。(まるかん情報)

1.短冊に願い事を書き、笹につるす。
2.笹ごと、満月に向かって振る。
3.冷やしそうめんを食べる。


7月7日に冷やしそうめんを食べると大病をしないという言い伝えがあるそうです。

短冊も作りました。今日は二○ヤに寄って、そうめんを買って帰ります。 後は笹をどこからかもらうだけだ。。。。  これが難しい。 

今晩はきれいな満月になりそうです。

ps、マイケルジャクソンのお別れセレモニーは無事に終わったようです。 私は朝からネットでライブを見てました。 素敵なセレモニーでした。 最後にパリスちゃんがマイクを持ったときは思わずもらい泣き。
オフィスでかけてるラジオのステーションも、今日は1日中彼の歌だけを流していました。 合掌
[PR]
by thetamia | 2009-07-08 08:20 | 日記

マイケル・ジャクソン

一昨日はTVではマイケル・ジャクソンとファラ・フォーセットがなくなったニュースがほとんどだった

私はマイケルジャクソンの熱烈なファンだったというわけではないけど 歌は好きだったし、踊りがカッコよかったのでアメリカのスターの中でも別格って感じを持っていた。
数々の奇行や超変わったところは????だったけど それでも マイケルならなんとなくOKって感じで。
どうも憎めない感じがある。

亡くなってからYoutubeで昔のライブを観ると、やっぱりすごいよね~~ 超かっこいい。
さすがKing of Popだ。

コンサートも行ったことないし、CDも持っていないからファンとは全然言えないし、いわゆるTVとかで聞いたことぐらいしかマイケルジャクソンのことは知らない。
でもひとつだけマイケルジャクソンと言うと思い出すことがある。

7~8年まえだったか、まだ前の会社で働いている頃、社長が日本の出張からロスに戻って来たときのこと。
飛行機はシンガポール航空。  あの頃、会社の業績があまり良くなかったので経費節減のために、社長もエコノミークラスに乗って帰ってきた。
成田からロスまで約9時間。 食事が終わってしばらくすると電気が消されて飛行機内が暗くなる。
かなりの人たちが寝に入った頃、 前のほうでみんながざわざわしだしたので、寝ようかなと思ってた社長もなにかな?と思ってみると。。。 ななんと マイケルジャクソンがゆっくりと歩いてくるではないかっ!!

2人のフライトアテンダントに守られながら ゆっくりエコノミークラスを歩きながら、写真も快く応じてくれたらしい。 絶対に握手はだめで、触ってもだめ。 マイケルは全然しゃべらず、まるで天皇陛下のようにゆっくりあるきながら 時々手を振ったり、写真をとられたり。。
あとで 社長がフライトアテンダントの人に聞いたら マイケルからそうしたいと提案してきたそうだ。

社長から最初に話を聞いたときは、そっくりさんじゃないのか?と思ったけど 写真を見せてもらったら間違いなくマイケルジャクソンだった。 (マスクしてたけど。)
不思議なマイケルの不思議なファンサービス。

もったいないのは かなりの人たちが寝ていて気づかなかったらしい。 それはくやしいだろうなあ。
社長は大興奮だった。 笑

なぜマイケルが成田からシンガポール航空?って思ったけど そのときはシンガポールからロスにかえるときだったそうな。

マイケルジャクソンが亡くなった。。。。ガラス細工のような心を持った人だったのかな?と全然知らない私が勝手に思ってること。
やっぱり寂しい。

どうか安らかに。。。。


今日は久しぶりに読んでくれてありがとうございます。
[PR]
by thetamia | 2009-06-28 16:19 | 日記

Toyo's Camera

今年の春からこちらで上映された「Toyo’s Camera」
DVD購入して観ました。

WWII(第2次世界大戦)が始まってすぐに アメリカに暮らしていた日系人の人達は各地のキャンプ(収容所)に強制収用されます。 同じ敵国だったドイツ、イタリアの移民はなにもなかった。
これは人種差別以外のなにものでもないと。  それまでに一生懸命働いて築き上げてきた資財はすべて募没収され 両手に持てるだけの荷物でキャンプ場に収容される。 このDVDではカリフォルニアのマンザナというキャンプ場の生活をカメラマンの宮武東洋さんの写真を通してドキュメンタリー映画に作られています。

今まで、日系3世とか4世の友人のご両親や親戚にひとからキャンプ場の生活は少しは聞いたことがあったし、またこちらの日系社会や日系団体が様々な活動をしているのをしっていても 正直、自分には直接関係がないので 恥ずかしながらあまり気に留めていませんでした。

今回このDVDを観て 私達の先輩方である日系1世、2世、そして帰米(アメリカで生まれた後、日本で教育を受けて再びアメリカに戻ってきた人達)がどんな想いでアメリカに暮らし、どんな想いでキャンプ場に収容され、生活していたのか。そして その先輩方が作ってくれたこの日系社会があってこそ、今私たちが心地よくアメリカという海外で暮らせているんだなとという感謝の想いが沸いてきたのと同時に なんだか 今まで全然関係ないような顔して住んでいた自分がちょっと恥ずかしくなった。

それにしても、宮武東洋さんが写している写真の中の顔は、みんなとてもいい顔をしていた。
キャンプ場のなかでしか生活できないのに 生き生きしている。  瞳が輝いている。 
映画の中で一人の女性が「限られた中で 私たちはできるだけのことをしました」と言っているように 不自由、不満はたくさんあったろうが 一生懸命前を見つめて生きていたんだろう。

c0137235_2165116.jpg


宮武東洋さんは キャンプ場に収容されるときにこっそりカメラのレンズを持ち込んだ。(もちろんカメラは禁止だった) そして 友人の大工さんに頼んで 木の枠で手作りカメラで撮影を始める。 
「こんなことは2度と起こってはならない。 自分はこれを記録する義務がある。」
たぶんこっそり持ち込んだフィルムはすぐになくなったんだろう。 途中は日系人に好意的なアメリカ人がこっそり持ち込んでくれたりしたらしい。 
後に、キャンプ場の所長だった人が東洋さんを呼び出し 「カメラのないフォトグラファーは羽のない鳥といっしょですよね?」 と言って東洋さんにカメラを持ってきて写していいという許可をだした。 秘密のカメラがばれたと思ってた東洋さんは大喜びしたそうです。

また 複雑な思いも感じた。
キャンプ場の中はすべてがそろっていた。 食事はもちろんただで毎日配られる。 仕切りがないとはいえ、シャワー、水洗トイレ(だと思う、写真からでは)も完備。
学校もあるし、写真で見る限りでは看護学校のようなものもあったらしく 看護婦の制服をきてアメリカ人の看護婦さんから卒業証書みたいなのをもらっている写真もあった。 
野球、バスケットボール、フットボール、柔道のチーム。 他の学校を招待試合。 ユニフォームまである。
びっくりしたのは 女性がパーマをかけている写真を見たとき。 そんな余裕があったのか。 というより それをさせてくれるアメリカってすごいなって。。。。
あの時代の日本は食べることさえままならなかったのに。。。。 この違いは。
私達の親がこれを観たらどのような感じをうけるのか?

そして日系人同士の争い。 一世や帰米の人達はアメリカに忠誠を尽くせない、 反対にアメリカで生まれた2世達はアメリカの忠誠を見せ、戦争にまで参加した。 僕たちはアメリカ人だと。
一世の両親に2世の息子、娘達。親子の考えの違い。気持ちのすれ違い。  そこがいちばん辛かったのではないだろうか?

キャンプ場生活を詳しく話したがらない人たちもたくさんいるらしいが それほど思い出すと辛い時代だったのだと思う。 私が知り合った日系人のお年よりは いつもホンワリ暖かい笑顔で愛に溢れているという感じの方が多い。「大変だったよ~」と笑顔で話すその瞳の輝きは たくさんの涙で洗われたからこそでる光なのかもしれない。 どっしりした暖かい不動の愛を感じます。  すごいよ おじいちゃん、おばあちゃん。

この映画、お勧めです。 


 
[PR]
by thetamia | 2009-05-16 02:53 | 日記