玄米大好き、マクロビオティック大好きなカリフォルニアに住む倭人です。あっ、日本酒も好き☆


by thetamia
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:旅( 6 )

日本うまいもんシリーズ

ずいぶん時間が経ってしまったけど 去年の日本旅行の続きです。
さっさっと美味しい物写真を載せます。
もっともっといろいろ食べたけど、載せきれないのでこの辺でまとめてます。

c0137235_3017100.jpg
c0137235_303243.jpg


やっぱり冬は鍋ということで 鍋はたくさん食べました。
親戚の家でも、家の旦那の実家、私の実家、お店でも 鍋鍋鍋~~
鍋大好きなので全然飽きない私。

おいしかったなあ。

今回の日本行きの大きな目的は病院での検査でした。 幸いにも心配することはないとのことで一安心です。
この件で両親をはじめ親戚、友人たくさんの人達にとてもお世話になりました。 感謝してもしきれません。
この場をかりてあらためてお礼を伝えたいと思います。 ありがとうございました。

病院では西洋医学のお医者様に、友人の紹介では東洋医学の先生に巡り会い、両方の先生から大丈夫といわれたのは自分にとってもとても心強いことでした。本当に日本で検査してよかったです。

今回のことで去年はちょっと落ち込んだ時期もありましたが、 体がいろいろ教えてくれていることを気づくいい時期だったと思います。
生まれて40年+○年、自分の人生を振り返るいいチャンスとなりました。
偉そうに一人で生きてきたようなところあったし。。。。。 反省と感謝の2週間でしたよ。。。。本当に。。。


帰る日、私は実家の近くの駅前から成田行きのバスへ。
いつも両親が見送ってくれるのですが、手を振りながら泣きそうな顔の母とうなづく父の顔がくもって見えなくなる。 バスが走り出してからこっそり涙を拭いた。

いつか「また帰って来たの~?」って面倒がられるくらい頻繁に帰れる様になりたいと思った。



今日も読んでくれてありがとうございます。
[PR]
by thetamia | 2010-01-29 03:01 |

温泉小旅行

急に温泉に行くことになった。
家から車で1時間。 Lake Elsinoreという場所。 日本人の牧師さん御夫婦が経営している温泉宿です。

c0137235_8273755.jpg

硫黄の温泉です。 カリフォルニアは温泉がでるのです。 だから地震もある。

15FWYをMainで降りて、10分。 本当に田舎町。 メキシコ人が多いようで、メキシカンレストラン、メキシカンの経営しているアンティークショップなどが多かったです。

小さなモーテル風。 古い作りでお世辞にも素敵なモーテルとは言えないのですが。。。。。
(今回私たちは 内風呂、キッチン付  1泊$120)
写真でも見てある程度はわかっていたので とにかく入ってみる。(お湯はいいと聞いていた)

c0137235_8373845.jpg

部屋には十字架。

c0137235_8375478.jpg

キッチン。 今回はいろいろ持ち込んで 手巻き寿司でした。

c0137235_838821.jpg

内風呂は大きいサイズ。

牧師さんであるオーナーの方はとっても親切でいろいろ説明してくれました。
この場所はお湯が良いので決めたそうです。 地下からくみ上げてそのまま使える温泉。 ということは源泉かけ流し?に近いのか?

部屋に入ると すでに硫黄の匂いが。 お風呂はもちろん、キッチン、洗面所の水道も全部温泉が出る。
お風呂に温泉を入れ始めると むせるくらいの硫黄のにおい。  お風呂に入るときは窓をあけてくださいという注意書きがあるほどです。 草津温泉を思い出した。
お湯は透明でヌルヌル感があってとってもいいお湯でした。

外にはジャグジー風の温泉もあるのですが、郡の取り決めで消毒薬を入れなくてはならないそう。露天風呂も許可が出ないとか。 それが残念とオーナーの方が言ってました。

私たちは内風呂に何度も入って 温泉満喫!!
家から1時間でこんなにいい温泉があるなんて! 今までは聞いてはいたけど たいしたことないだろうなと思って行こうとも思ってませんでした。
日本の温泉旅館のような雰囲気はないけど お湯は最高です。 
日本からもお客さんがくるというのは納得。

日帰り入浴もできるそうです。

また絶対行く~~☆


いませっせとお正月の準備に取り掛かっております。
日本は大晦日ですね。
大忙しかな?

良いお年をお迎えください。


ありがとうございました。
[PR]
by thetamia | 2009-12-31 08:51 |

伊勢神宮-内宮

いよいよ内宮へ。 外宮からバスで15分ぐらい。
ここの御祭神はもちろん 天照大御神さまです。
日本人の総氏神とも言われているのですから 一度はきちんとご挨拶をと思っていました。
c0137235_76435.jpg


宇治橋鳥居。 この宇治橋は今年に修造工事が始まり、11月に完工式があったばかりです。
c0137235_762515.jpg


これは一の鳥居
c0137235_764669.jpg


五十鈴川御手洗場からの風景。 ここで身と心を清めてお参りします。
c0137235_771883.jpg


ゆっくり内宮を歩いて御正宮。 ここから先は撮影禁止でした。
c0137235_782750.jpg

階段を昇ってお参り。 2拝2拍手1拝。 とても空気が澄んで、気持ちも引き締まりました。
(余談ですが。。 宮司さんや巫女さんが本当に若い! 自分が年をとってきているということなんだろうけど。
藤原道三さん似の超ハンサムな宮司さんがいて 写真を撮りたかった! でも撮影禁止だから我慢!)

c0137235_784923.jpg

こういった大きな木(杉?)が生い茂っています。 立派な大木がたくさん。
木のエネルギーはすごい。

c0137235_79573.jpg

天照大御神さま荒御霊を祭ってある荒祭宮。

c0137235_792910.jpg

紅葉も綺麗でした。

一人だったけど、なんだかとっても楽しい時間でした。  心がわくわくして足取りも軽かった!
重いリュックが気にならなかった。 カメラとお財布以外をロッカーに預けるということが全然頭に浮かばなかった。。。。
神宮内のエネルギーをしっかり感じた数時間でした。 感謝。

日本には私の行ったことのない、知らない場所、すばらしい場所がいっぱい。 次は何処に行こうかな?



帰りに「おかげ横丁」に寄りました。 ここはMust!でしょう!
c0137235_7205825.jpg


御存知 有名な 赤福。 ここで 赤福ぜんざいを頂いたでありやす。
c0137235_7212358.jpg


いい感じの町並み。  伊勢うどん、ぜんざい、焼ぬれ煎餅などを買い食い。
c0137235_7214361.jpg

そうそう ここで 「晩酌屋久兵衛」というぐい飲みだけ売ってるお店を見つけました。 日本に行くたびに気に入ったぐい飲みやお猪口を1個か2個買ってくる私。 ここでとってもかわいいお猪口を見つけました。
来年の干支の寅の絵が描かれているもの。 (写真は後で載せます)
お正月に使いま~す。

今回の日本旅、メインの出雲大社、伊勢神宮巡りは無事に終わりました。
来年は高野山?も考えてます。


今日も最後までありがとうございました。
[PR]
by thetamia | 2009-12-24 07:09 |

お伊勢参り - 外宮編

出雲から大阪へ。大阪の友人宅に1泊させてもらった次の朝に一人で伊勢に向かいました。
お伊勢参りは初めてです。  今回の日本帰国での一番の目的でした。
なぜか伊勢神社に行ってお参りしなくてはとずっと思い続けていたのがやっと実現しました。
日本人として生まれたからには 天照大神さまに一度はお参りしなくては!と。

神様カード持って行ってきました。 笑

まずは伊勢市駅に降り立ち、
c0137235_921941.jpg


歩いて10分ほどで外宮(げぐう)へ。
c0137235_9212959.jpg

ここの御祭神は豊受大神(とようけのおおみかみ)さまです。 衣食住の神様です。

c0137235_9214942.jpg

これが 一の鳥居です。 中は木が生い茂っていて、木陰を歩いて行く感じがなんとも気持ちが良かったです。
c0137235_9221329.jpg

お天気は快晴で暖かく、 歩いているとうっすらと汗をかくぐらいだったので、この木陰道がうれしかった。

c0137235_922391.jpg


外宮はゆっくり歩きながら回っても1時間ぐらいで回ってしまいました。  

今回は初めての経験としてご祈祷を申し込んでみました。 (5000円~)
神楽殿(かぐらでん)の待合室で5分ほど待ってから 広い部屋(神楽)に通されて御祈祷開始。 私の他に女性がもう一人と小さい男の子を連れた御家族5人が一緒に正座する。
申し込むときに 「今お住まいの住所を正確に書いてくださいね。 英語の場合はカタカナでお願いします」といわれた意味がここでわかる。
宮司さん(と呼ぶのだろうか?)が 途中、全員の名前と住所を読み上げるのだ。 その前後はすべては聞き取れなかったけど お願い事などと一緒に読み上げてくれている。
なんだか心配。。 私綺麗に読みやすく書いたっけ?と不安になる。
私の名前の番になると 「アメリカ、カリフォルニア、ミッ。。。ミッション。。。。ビエ。。。~ビエホの石川美也子~~~」 ってやっぱりちょっと詰まってしまっていました。。。。 私のほうが変な汗をかいてしまった。。。。。(宮司さんごめんなさい、もうちょっとやさしい名前の街なら良かったですね。。。。)

ご祈祷は30分ほどで、最後に御神札と神饌を頂き終了。 なかなかいい経験でした。

思ったより撮った写真が少なかったなあ。 大きなカメラ持ち歩いていたわりには活躍していない。。。。

これから バスで内宮へ向かいます。

外宮地図

今日も最後までありがとうございます。
[PR]
by thetamia | 2009-12-15 09:31 |

出雲

今回の旅の目的の一つ、 出雲大社へのお参り。
鳥取で仕事が入った旦那にくっついて どうせなら出雲大社におまいりに行こうってことになったのです。

まずは 出雲市駅に着いたのが夕方の6時。 もうあたりは真っ暗。 タクシーで民宿へ (民宿「白砂」)
4部屋しかない小さな民宿だったけど お母さんがとっても親切で出雲の歴史やおとぎ話を聞かせてくれます。その語り口がなかなかリズムにのっていい感じなので、 旦那がつい、「お母さんは 昔、バスガイドやってたとか?」ってさらっと聞いてみたら
お母さん 「いやあ~~~ねえ~~ ハハハハハ!!  (間をおいてから) やってたのよ~~ なんでわかるのお~~?」 やっぱり。
「昔の話よ~~」といいながらうれしそうに笑うお母さん。 かわいい。

民宿から道路を渡ると向こう側は日本海。 神在祭の最初に、全国の神様が波にのってやって来るための「神迎え神事」が行われる稲佐の浜があります。 ちなみに今年の神在祭は、私達が帰る次の日、26日でした。
次は是非、神在祭を見たいものです。

c0137235_103189.jpg

ここに全国から波に乗って神様がやって来るの。

c0137235_104179.jpg

上には鳥居があります。

c0137235_1044586.jpg

砂浜にはたくさんのくらげが打ち揚げられてました。  これは1メートル以上もする大きなもの。
私にはすっごく珍しい。 興味津々。

ひとつ残念なことが。 砂浜にものすごい量のゴミ。 ペットボトルやお菓子などの袋など。
神在祭を明日に控えて これはちょっとまずいんじゃないの?と思ってみると ほとんどがハングル文字。
見たことないようなペットボトル。
海の向こうから流れてくるらしいです。
民宿のお母さんに聞いてみると 先週町内会で掃除をしたのに 3日前の海が荒れた日1日で あれだけのゴミが流れてきてしまうそうです。
わざと捨ててるとは思えないけど あれはひどい。びっくりした。
来週、韓国人の友人に会うので聞いてみようっと。


c0137235_105744.jpg

蟹も頂きました。 うひひ。


翌日は快晴で暖かい一日でした。
歩いて出雲大社へ向かいました。
c0137235_1053696.jpg

まずは どうしても寄りたかった 出雲の阿国(おくに)の墓。 歌舞伎の創始者とされる人のお墓です。


c0137235_1055794.jpg

いよいよ出雲大社へ。 大国主大神をお祭りする神社です。
このしめ縄(って言うのか?)がすごいです。 巨大。
やっぱり空気が違う! ピリッとして身が引き締まる感じでした。 神社大好き~~

いま出雲大社は60年に一度の 平安の大遷宮で修理中。 全部は見れなくて残念だったけど それが終わる2015年にまた来ようと思います。


c0137235_1061724.jpg

入り口の鳥居。
この近くで名物「出雲そば」を頂きました。  出雲そばの特徴は 蕎麦の実の皮まで全部使って作るので 少し色が濃いお蕎麦です。 まさに一物全体。 美味しいです。


出雲大社、よかった。。。  次回はもっとゆっくりと2日ぐらいかけて見たいです。 できれば 神在祭の時期に。  民宿のお母さんが話してくれたけど、 4000人以上の人達が集まって賑わうそうです。 でも 稲佐の浜での神迎え神事は 全員がシ~~ンと静まり返り、静寂のなかで行われるそうです。 それがいつもすばらしいって。。。。 行ってみたいなあ。



最後にオマケ。
大社前にある老舗旅館 「竹野屋」
c0137235_1063772.jpg

竹内まりやの実家だそうです。  次はここに泊まってみたいな。


最後まで読んでくれてありがとうございます。
[PR]
by thetamia | 2009-12-11 10:06 |

松江

初めて松江に行ってきました。 行ったといっても 出雲に行く途中の電車のなかで 「次はまつえ~~ まつえ~ 松江城、城下町で有名な松江です。」という車内アナウンスを聞いて、これは寄るべきじゃないか?と思い、急遽飛び降りたのでした。
JR-Passありがたい。

松江で約3時間。 インフォーメーションデスクで3時間で回れる松江初心者ベストコースをお姉さんに聞いて出発。
松江市内を走る「ぐるっと松江レイクラインバス」がお勧めというので 早速それに乗って松江城へ。
このバスは1日500円で乗り放題。

松江城
c0137235_9342363.jpg


これはなかなか綺麗なお城。 最上階まで登れました。 

松江の街をテクテク歩き。 風情のある城下町でした。
c0137235_9344493.jpg


武家屋敷というものも見学。
c0137235_935347.jpg


そのほか、小泉八雲記念館など見学してバスに乗ったり降りたり。 でも3時間弱ではちょっと時間がたりなかったなあ。 松江の産物に蜆があるそうです。
それに和菓子が有名だとか。
歩き疲れて超お腹が減ったときは もう電車の時間!  それに乗り遅れると民宿の夕飯が抜きになってしまう!! 
短かったけど 3時間の楽しい一人旅でした。


次は~~~ 出雲~


読んでくれてありがとうございます。
[PR]
by thetamia | 2009-12-11 09:40 |